HOLOS-BRAINS

教育研修事業

HOLOS-BRAINS

募集職種

  • HOLOS-BRAINS教育研修事業

    現在募集はありません

代表インタビュー

新しい学びと楽しみを提供し続ける
「教育エンターテインメント企業」でありたい

教育研修ってちょっと堅苦しいですよね。

我々がよく取引させていただくような大手企業さんって研修を頻繁にしていますので、社員の人たちも割と辟易(へきえき)していることが多いんですよ。「どうせこんな研修を受けても効果ないよね」とか、そういうイメージを持っていて。

でもそうではなくて、本来、教育っていうのは楽しいものなんです。楽しいと学びやすくて、学びが進むとパフォーマンスが発揮されやすい。そしてパフォーマンスが発揮されるとまた学びたくなるよね…と。こういうサイクルの出発点は、いかに楽しんで勉強してもらうかということなので、その環境を整えることが凄く重要じゃないかな、という考え方を我々は持っています。

それと当社の研修の特長として、コンテンツの根拠づけに脳科学を取り入れているんですが、脳科学を勉強すると、どんな人でも神様から凄い能力を授かって生まれているということが分かるんです。脳科学的に言えば、どんな人も可能性の塊なんです。ただ使い方が分からないだけでね。

なので、「当社のミッション」というと少しおこがましいですけど、脳のトリセツとされている脳科学を少しでも多くの人に理解してもらって、それを実行してもらうことで、本来持っている才能を開花させたら、人はもっと幸せになれるんじゃないかな、と思っているんです。

研修って良いことを言えば言うほど自分の首を絞めるような所があって、研修を行う我々自身が、言う以上にまず実践できていないと説得力が無いですよね。なので、我々は常に学び続けなければならないし、学び続けることでもっと素晴らしい人生になる、といったイメージが持てる人には、すごく合っている商売かなと思います。

うちの会社はある意味、能力開発や業務改善のヒントのなかで仕事をしているような環境なので、私たちが提供しているコンテンツを、うちの社員たちにも実践してもらうことで、それぞれの将来の可能性がもっともっと広がっていくような会社にしたいというのが理想です。近い将来「仕事しながら学べるからウチにおいで」と、社員が自然にリクルーターみたいになっていけば、すごく嬉しいですね。

まだ規模の小さい会社なので、営業は営業、事務は事務、みたいには分業しきれていない部分があります。ただ、業績とともに安定して人を増やしていきたいので、出来上がった組織に入って歯車になるのではなく、自分がHOLOS-BRAINSを引っ張っていくんだ、デコボコしていた会社を安定させるのに自分が一役を担うんだと、そういう発想を持った方にぜひ来てもらいたいですね。

株式会社HOLOS-BRAINS
代表取締役社長
伊東 泰司

HOLOS-BRAINS

HOLOS-BRAINSの事業内容

教育をもっと楽しく。
誰にでも実践できる「再現性」の高いセミナーを提供。

  • 人材育成
  • 能力開発
  • 研修会・セミナー・講演会の企画・運営

社員インタビュー

  • 業界未経験で研修業界へ。営業から研修組み立てまでを担うプランナー。

    HOLOS-BRAINS

    教育研修部 プランナー

    髙田 二郎

カルチャー

オフィス環境

東京本社

  • HOLOS-BRAINSイメージ写真1
  • HOLOS-BRAINSイメージ写真2
  • HOLOS-BRAINSイメージ写真3
  • HOLOS-BRAINSイメージ写真4
  • HOLOS-BRAINSイメージ写真5
  • HOLOS-BRAINSイメージ写真6

数字で見るHOLOS-BRAINS

売上高の推移
従業員数の推移
一般、役職、管理職、役員の内訳
男女比率

社内アンケート

Q1 自社の魅力とは?

  • 社内の雰囲気が良く、社員同士の距離が近い
  • お互いに助け合いをしながら業務を進めている点
  • 個々が自立している
  • 理論のしっかりしている意見は尊重してもらえる
  • 社長が、ある程度任せてくれる
  • プロセスも評価される

「社内の雰囲気が良い」「社員同士の距離が近い」「お互い助け合っている」などの、社員同士の雰囲気、協力体制がよいという意見がありまた。また、「プロセスも評価される」「意見を尊重してもらえる」「仕事を任せてもらえる」など、社長からの信頼度の高さがうかがえる意見がありました。

Q2 入社前、現在の仕事に関する知識はもっていましたか?

現在の仕事に関する知識については、「なかった」という意見が半数以上に。「知識・経験がないとダメなんじゃないかな」と感じるかもしれませんが、多くのスタッフは、ないまたは少し持っていた程度です。ほぼみんな未経験からスタートしていることがわかりました。

Q3 入社してよかったことは?

  • 志を共にする「仲間」と思える人たちに出会えた。
  • 新しい知識が身についた
  • 他メンバーの協力もあり、WLBがうまくいっている。
  • 新しい経験が出来ている
  • 働きやすい
  • 自分のペースで仕事ができる

「WLBがうまくいっている」「自分のペースで仕事ができる」「働きやすい」など、職場環境の良い点について意見が多く出ました。また、「新しい知識が身についた」「新しい経験が出来ている」など、成長を実感している意見もありました。

Q4 職場には仕事で成果をあげて成長していく同僚がいる?

成果をあげて成長していく同僚について、「どちらかといえばいる」、「いる」という、みんなが成果をあげて成長しているという意見になりました。

他のグループ会社を見る

ページトップへ戻る